1970年7月 当時、羽曳野市の公・私立どちらの保育園も産休明けからの保育は実施しておらず、6畳1間で3人の子どもと保育士1人で開設。
1971年12月 市から補助金が出るようになる。その際、火災が起きたときに進入路が狭くて危険だという理由で市から移転勧告を受ける。
1980年6月 100坪の借地にプレハブの園舎を建て移転する(白鳥3丁目)。移転を機に対象年齢を年長児まで引き上げる。
1981年4月 0才児に障害児入園。
 
1984年4月 学童保育を始める。また、子どもたちが心地よく過ごすために自然豊かな広い場所に移転することを決め、土地探しを始める(白鳥の土地は銀行からの融資で共同購入)。
1988年 壺井に土地を購入したが、財政面と区画調整区域であることで園舎建設には大きな壁があった。
1991年2月 寄付金などで何とか新園舎を建設し、落成式を行う。
 
1996年 重度心身障害児の保育室を増設する。財政的にも非常に厳しく、多くの人の協力で完成した。
2004年12月 NPO法人「子育てサポートくるみ」設立
 
2005年1月 児童デイサービス事業所開始
 
2007年 羽曳野市の委託による地域子育て支援事業拠点となる。
 
2010年7月 創立40周年を迎えました。
 
2011年10月 創立40周年記念レセプションを行いました