くるみ通信41号(2011.01)掲載分

 第2子出産のため、大阪に帰ってきました。4カ月間という期間限定でしたがくるみに入園させてもらいました。
 住んでいたところは都会の真ん中で、くるみの泥んこや土山での遊び、土手のぼりなど、見たこともしたこともない出来事に戸惑い、全く違う環境に入園時は泣いてばかりでした。
どうなることかと心配しましたが、ちょうど夏で水遊びを楽しみながらだんだんと慣れ、今では崖のぼりや散歩も楽しんでいるようです。くるみでのリズムも、歌いながらみんなに披露してくれます。
 入園して5カ月で、遅れていた言葉も出てきて、身体もしなやかにたくましく成長しました。生活のリズムも早寝早起きに変わり、食欲も旺盛でくるみに行くのを今ではとても楽しみにしているようです。これもくるみでのリズムや自然の中での遊びのおかげだと感激しています。
 大阪を離れるのはとても残念ですが、このかけがえのない経験と生活のリズムをこれからも続け、できるだけ自然の中で生活させていきたいと思います。
 最後に、わが子に関わっていただいたすべての方に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。